トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2007/07/27
小沢代表、岡山県で政治の変革訴え 田中衆院議員と共に
記事を印刷する





 小沢一郎代表は27日夜、岡山県岡山市内で演説会に出席、政治を変えようと訴えた。

 聴衆であふれ返り、人いきれで熱気を帯びた会場に登場した小沢代表は「小泉政権に続く今日の安倍政権は、国民の皆さんの生活を軽視し、権威主義的、国家主義的な政治を推し進めようとしている」と指摘。「何としても政治を変えなければならない」と固い決意を示し、民主党への力強い支援の輪を結集して広げてほしいと求めた。

 田中真紀子衆議院議員も、自由に使えるお金である可処分所得の低下、定率減税の廃止などによる実質増税を例に挙げ、国民の皆さんの生活は苦しくなっていると主張。財政から外交にわたる幅広い話題で、時に満員の聴衆を大爆笑させて魅了しながら、政治家が責任をとる政治が必要であり、国の方角を絶対に変えてはならないと訴えた。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2020 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.