トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2007/08/15
終戦の日にあたって(談話)
記事を印刷する

民主党代表
小沢 一郎

 本日、先の大戦が終了して62回目の8月15日を迎えました。過去の戦争により犠牲となられた内外の全ての人たちに思いを致し、国民の皆さまとともに衷心より追悼の誠を捧げます。

 かつて日本は無謀な戦争への道を選び、国民に大きな犠牲を強いたばかりか、植民地支配と侵略により、周辺諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えました。国家の指導者たちが戦争を引き起こし、誰ひとりとしてその流れを止めることができなかったことについて、現代に生きる私たちも、歴史の事実を謙虚に受けとめなければなりません。反省と謝罪の気持ちとともに、過去の教訓を未来の平和へといかしていくことが、現代に生きる私たちに課せられた務めであると考えます。

 しかしながら今日の日本において、そのような機運は保たれているでしょうか。具体的な説明もなしに「美しい国」という言葉を多用する総理に象徴されるように、情緒的に物事を単純化して捉え、歴史を一面的に都合よく解釈する風潮がまかりとおっています。世界の平和構築のためには、各国との相互理解と信頼関係が不可欠です。今こそ多面的・重層的な歴史の事実を冷静に受け止めて、平和主義、民主主義国家としての主体性を貫きつつ、緊密な国際協調のもとで世界平和のために日本は貢献すべきです。

 民主党は、過去の戦争の事実を直視しつづけ、教訓と反省を未来に繋げる作業を今後も続けて参ります。終戦の日にあたり、国際社会とともに平和を創造するという決意を新たにし、全力を尽くすことをここに誓います。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.