トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/10/13
パキスタン情勢について(コメント)
記事を印刷する

外交・安全保障ネクスト大臣 伊藤 英成

 パキスタン軍部は、日本時間13日未明までにシャリフ首相を含む全閣僚を解任し、重要施設を占拠し、全権を掌握したことを発表した。

 パキスタンはインドに対抗するかたちで昨年5月に核実験を実施し、その後も両国間では、カシミールでの軍事衝突などで緊張関係が続いている。今後のインド・パキスタン関係、及び事実上の核保有国であるパキスタンが軍事政権に移行しつつあることを大変憂慮している。

 我々は、パキスタンに速やかで民主的な秩序の回復を強く求めるとともに、パキスタンの周辺諸国には冷静な対応を求める。

以上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.