トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2002/08/09
田中真紀子氏の議員辞職について(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長
菅 直人

本日、田中真紀子議員が議員辞職願を提出し、衆議院議長はこれを許可した。田中氏は、先月24日の政治倫理審査会において自らの秘書給与流用疑惑について十分な弁明を行うことができず、疑惑は深まっていた。

その後、新たな説明がなされないままの議員辞職は、自らの責任を認めたものと考えざるを得ないが、田中氏はどのような過ちを犯し辞職するに至ったのかを国民に説明する義務がある。

今年に入り4人の国会議員が議員を辞職し、1人が逮捕された。国民の代表が次々とカネにまつわる不祥事で職を汚すわが国の政界は、国民の目から見ても国際社会から見ても、異常といわざるを得ない。こうした中で、小泉総理が疑惑解明、制度改革に対して消極的姿勢を貫いているのは極めて遺憾であり、その責任は重大と考える。

民主党は、立法府および政党、政治家がどのように襟を正し自らを律するのか、秋 の臨時国会における制度改正も含めて、内外から厳しく問われていると考える。

 また、新たに新潟5区においても10月に補選が行われることになるが、民主党は必ず候補者を擁立し、構造的腐敗体質をもつ自民党政治に対する国民の審判を求めていきたい。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.