トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2007/09/28
ミャンマー軍事政権による武力弾圧について(談話)
記事を印刷する

民主党『次の内閣』ネクスト外務大臣 
鉢呂 吉雄

 昨今、ミャンマーの軍事政権は多数の僧侶を含む市民のデモ隊に対して武力を用いた鎮圧を行い、尊い生命が多数失われている。去る27日には日本人ジャーナリストの長井健司氏が軍の銃撃によって斃れられた。犠牲者や家族の方々に心より哀悼の意を表し、お見舞い申し上げる。

 軍事政権による今回の暴力的な行動は、人道と民主主義に対する重大な挑戦であり、甚だ遺憾である。同政権は一般市民に対する暴力的な弾圧行為を即時停止すべきである。特に、長井氏の死は痛恨の極みであり、強い憤りをもってミャンマー軍事政権に抗議するとともに、事態の真相解明と責任の追及を求める。

 今回の事件の根底に民主主義が否定されたミャンマーの現状があることは否定できない。軟禁状態が続くアウン・サン・スー・チー氏ら拘束されている人々の解放をはじめとして、ミャンマーが国を挙げて民主化に取り組むことを強く望む。

 日本政府は、ミャンマー軍事政権に対する経済援助のあり方の再検討を含め、国連やASEANとの連携も重視しつつ能動的な働きかけを行うことに躊躇してはならない。


以上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.