トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2002/02/06
菅幹事長、鹿野議員離党で談話を発表
記事を印刷する

 6日、民主党の菅直人幹事長は、秘書の給与を業際都市開発研究所に肩代わりさせていたことが明らかになった鹿野道彦議員の離党申し出について談話を発表した。

 談話は、鹿野議員自身の関与は指摘されていないものの「事の重大性に照らせば遺憾と言わざるを得ない」として議員の離党を受理したことを明らかにし、「国民のみなさまに真摯にお詫びする」と表明。同時に、「このことで政治とカネにまつわる疑惑の解明と制度改革に対する党の姿勢に揺るぎが生ずるものではない」として、改めて政治改革への決意を明らかにした。

関連URL
  (談話)鹿野道彦議員の離党について
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=11363
記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.