トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2007/10/31
自民党のウソに断固抗議する(談話)
記事を印刷する

民主党『次の内閣』ネクスト農林水産大臣
筒井 信隆

 自由民主党は、平成19年10月26日、「自民党コメ緊急対策」において、民主党の「農業者戸別所得補償法案」に対し、「輸入自由化を前提とする」もので、「コストだけを補償」するものと、ウソ・ねつ造の文言を重ねている。

 小沢代表を始め、我々民主党は、今、関税の撤廃・大幅引き下げを行えば、日本農業が壊滅的打撃を被ることは必至であると考えている。だからこそ、自民党が拙速に進めようとしている日豪EPAに対して、民主党はその拙速な交渉入りさえも断固反対をしたのである。

 しかしながら、国境での極めて高い関税を維持しているにもかかわらず、米価の下落が続いており、日本の農業・農村は崩壊の危機に瀕している。こうした事態に対処し、国民への食料の安定供給を確保するために、民主党は「戸別所得補償制度」を創設しようとするものであり、その一日も早い成立は農業者のみならず国民の要望であると確信している。

 なお、「戸別所得補償制度」は、正に「所得を補償する」ことに他ならず、このようにきわめて明快であることをことさら「コストだけを補償するもの」と批判することは、「基本的知識を欠いた妄言」と言わざるを得ない。

 以上、自民党のウソに断固抗議し、早急に訂正することを求めるものである。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.