トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2008/04/21
日韓首脳会談を受けて(談話)
記事を印刷する

民主党『次の内閣』ネクスト外務大臣
鉢呂 吉雄

 本日、福田首相が来日中の李明博韓国大統領と会談し、両国関係を一層成熟したパートナーシップ関係に拡大して「日韓新時代」を切り拓いていくことが確認された。

 隣国である韓国との関係は、わが国にとって大変重要であり、2004年11月から中断している日韓経済連携協定(EPA)交渉の再開が合意される等、経済分野における協力を一層強化する方向性が打ち出されたことは、率直に評価したい。また、北朝鮮による拉致、核・ミサイル問題に対しては、日韓両国が緊密に協力し、停滞している6者協議の再開等、米国や中国とも連携して進展を図るべきである。

 日韓関係はこれまで、歴史認識等によって必ずしも円滑な関係とは言い難い状況も生じたことから、問題解決に向けて胸襟を開いた対話を行い、未来志向の関係を構築すべきである。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.