トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2008/04/27
衆議院山口二区補選結果を受けて(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長 鳩山由紀夫

 本日実施された衆議院山口県第二区補欠選挙において、わが党公認の平岡秀夫候補が激戦を制し当選いたしました。ご支持いただいた二区有権者のみなさま、そして応援いただいた、山口県民と全国のみなさまに心より御礼申し上げます。

 この選挙において民主党は、道路財源、後期高齢者医療制度、消えた年金の問題を国政上の争点とし、そしてこれらの問題に対して何ら反省せず、衆院の数の力で悪政を押し通そうとしている福田内閣・自公勢力の姿勢を問い、有権者のみなさまから大きなご支持をいただきました。

 福田政権発足後、初の国政選挙で下された審判は、国民のみなさまを代表する声と受け止めます。政府・与党に対し、この審判を厳粛に受け止め、暫定税率復活の再議決を断念するとともに、後期高齢者医療制度を廃止し、消えた年金記録の早期解決に国を挙げて取り組むよう、強く求めていきます。

 福田内閣・自公政権があくまでも国民の声を無視し続けるなら、民心はさらに離反していくものと考えます。民主党は、国民のみなさまの声に応えて、生活切り捨ての政治に一刻も早く終止符を打ち、「国民の生活が第一」を実現するため、早期の解散・総選挙、政権交代をめざし、一致結束して全力で邁進します。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.