トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2000/12/12
全国キャラバン「おかしなことなくし隊」報告・奈良
記事を印刷する





弁士=田中 甲・井上和雄・山村 健・中村哲治・大谷信盛・小林憲司・今野 東
地元議員・候補=吉田之久参議院議員、馬淵澄夫(奈良1区総支部長)、福岡ともみ(奈良3区総支部長)、前田武志(奈良4区総支部長)


隊員の中村哲治衆議院議員の地元「奈良」。午前中だけで3選挙区の街頭演説を入れる強行日程の中、頑張りました。隊員たちは疲れもみせずに、移動中も市民に話しかけました。

近鉄大和高田駅前街頭演説

福岡ともみ(奈良3区総支部長)
「わたしのところには多くの女性や子供からの相談がよせられています。ストーカー被害や児童虐待で悩むみなさんの力になっていきたいと思います。政治をもっとしっかりとして、命と生活を守るようにしていきます。」

中村哲治 衆議院議員
「長年、女性問題に取り組んできた福岡さんを市民のみなさんの力で国政に送り、国会で発言させてください。」

近鉄八木駅前街頭演説

前田武志 前衆議院議員
「この国はおどしとすかしの自公政治によって、漂流しています。
まず、政策の優先順位がまちがっています。高すぎて市民がほとんど使っていない空港に税金が投入されたりしています。国家を私物化して、税金の無駄遣いをする今の政権を倒し、ここにいる若手の国会議員によって国を変えてほしいと思います。」

今野 東 衆議院議員
「税金をつかって銀行には公的資金を投入しています。ゼネコンには無駄な公共事業で儲けさせています。自民党への政治献金が多いところだけいいめにあえるのはおかしいと思います。」

電車での移動

電車の中も、市民と触れ合うチャンスです。

近鉄奈良駅街頭演説

馬淵澄夫 奈良1区総支部長
「私たちが加藤の乱という政変で見たものは、自民党の内部崩壊です。自民党の中でも、自民党がおかしいと思う人たちがでてきました。これは、コップの中の嵐ではなく、コップに入ったヒビです。あとは市民の力によって制度を変えましょう。」

吉田之久 参議院議員
「失業者は次々と増えています。すでに失格した総理大臣が内閣に入ったって、新しい政治ができるはずないですよね。」

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.