トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2000/12/14
全国キャラバン「おかしなことなくし隊」報告・栃木
記事を印刷する





参加議員:田中 甲・大島敦・細野豪志・手塚仁雄・水島広子

今、売り出し中の一期生議員水島広子議員と市民がいっしょになって、3世にわたり地盤を保ってきた船田王国をやぶり話題になった地域です。オール与党相乗りの現職県知事が選挙で破れるなどの現象が先日、起こりました。マスコミの評判では栃木県は民主主義の成熟度が高いといわれています。

東武宇都宮駅前

水島広子 衆議院議員
「国会に行って、半年経ちました。最近は感想を聞かれることが多い。まじめな議員がいることがわかりました。自分の時間を割き、日本全体のことを考えて、走り回っています。当たり前のことを、分かりやすい言葉で話す政治家が増えていかなくてはいけないと思います」

二荒山神社前

手塚仁雄 衆議院議員
「この臨時国会で、与党は勝手に選挙制度の土俵の形を変えた。こんなことを許すわけにいかない。来年の参議院選挙で与野党逆転を果たす」

県庁前でもメンバーで演説しました。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.