トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2008/07/24
秋山専務理事の脱税容疑での逮捕を受けて(談話)
記事を印刷する

民主党『次の内閣』ネクスト防衛大臣
浅尾 慶一郎

 本日、東京地検特捜部が、社団法人「日米平和・文化交流協会」の秋山直紀専務理事を所得税法違反容疑で逮捕した。

 秋山氏は、守屋前防衛事務次官の汚職事件に絡んで疑惑がとりざたされ、また日米防衛関連企業や防衛族議員との親密な関係が指摘されてきたにもかかわらず、参院の参考人招致では、山田洋行からの資金提供を否定するなど、疑惑は解明されず、民主党は、疑惑の全容解明のため、通常国会での秋山氏の証人喚問を強く求めてきたものである。

 秋山氏が、国民の税金、しかも国家の安全保障に関わる装備品調達において、血税を掠め取っていたとすれば、その行為は断じて許されるものではない。検察当局に徹底的な捜査を望むものである。

 これを機に、臨時国会においても、防衛関連企業や政治家との関係、闇に包まれてきた防衛関連装備品調達の実態や税のムダ遣いについて、改めて厳しく追及していきたい。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.