トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2000/12/28
全国キャラバン「おかしなことなくし隊」報告・佐賀
記事を印刷する





弁士=田中 甲・川内博史・山村 健
地元弁士=原口一博 衆議院議員


前日から原口衆議院議員が一行を出迎えてくれました。

佐賀駅前早朝街頭宣伝

●田中 甲 衆議院議員
 省庁再編によって予算削減はできませんでした。中央省庁の管理が強まっただけでした。官僚主導の政治のままでいいのでしょうか。

●原口一博 衆議院議員
 先の第150回臨時国会で、佐賀市の中学生の作文を紹介しました。「大人達が悪いことを隠してばかりいる。このままで、どうなるのだろう。」と書いてありました。
 80兆の予算のうち、国民のためになることは後回しになっています。全国でグリーンピアを作り1800億円の赤字を作っています。
 3400億円もアメリカから武器を買っていますが、それは日本にほとんど来ていないことが明らかになりました。
 こんな無駄なお金はいりません。私達が守るべきものは、自民党が切り捨てた医療と年金です。

佐賀市役所前街頭演説

 今日の新聞でありました。大手のゼネコンに多額の借金をしていた銀行が、棒引きをされて支払わなくてすむことになったそうです。銀行は赤字になれば、公的資金といって政府からお金をもらえます。普通の中小企業は赤字になっても、お金を税金からは払ってもらえません。銀行はゼネコン以外からはちゃんとお金を取り立てます。おかしいと思いませんか?

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.