トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2001/01/09
全国キャラバン「おかしなことなくし隊」報告・長野
記事を印刷する



弁士=羽田孜特別代表、北澤俊美参議院幹事長、堀込征雄選対本部事務局長、小山峰男参議院議員
隊員=田中甲衆議院議員、近藤昭一衆議院議員、川内博史衆議院議員、山村健衆議院議員、羽田雄一郎参議院議員


JR長野駅前

 この日は、1日で長野、新潟、富山3県を回る強行軍。長野では、地元選出の5議員が顔をそろえました。

小山峰男参議院議員
「行動を起こせば変わる。田中県政の誕生はそれを示した。沈没するかもしれない日本を救うには行動することが必要だ」

北澤俊美参議院幹事長
「野党第一党の責任を、この参議院選挙で果たす。野党協力、共闘を成功させ、そして与野党逆転させる。それができれば総選挙、政権交代への流れができる」

堀込征雄選対本部事務局長
「この10年改革がなされなかった。選挙に響くということで改革が先送りされてきた。ここを大きく変えていかなければならない。若い人に政治を任せていただきたい」

羽田孜特別代表
「今の政府与党は、自分たちの都合で選挙制度を変えている。参議院の選挙制度に続いて、衆議院でも勝てないからと、中選挙区にしようという動きがある。これは民主主義の破壊行為であり、なんとしてでも粉砕しなければならない」

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.