トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2008/08/15
終戦の日にあたって(談話)
記事を印刷する

民主党代表 小沢 一郎

 本日、63回目の終戦記念日を迎えました。先の大戦で犠牲となられた内外のすべての人たちの無念を思い、多くの大切な人々を失った深い哀しみを噛みしめ、衷心より哀悼の誠を捧げます。

 いかに年月が経とうとも、あの戦争を決して忘れてはなりません。わが国の過去の過ちは、日本国民およびアジア、世界の人々に、消えることのない傷跡を残し、被爆者の方々をはじめ多くの人々を今も苦しめています。

 いつの時代にあっても、二度と戦争の悲劇を繰り返さないように、歴史を直視し、その教訓をしっかりと語り継ぎ、平和を築いていくことは、現代に生きる者に課せられた責任であり、使命であります。

 悲しむべきことに、今も世界では紛争や暴力の連鎖が絶えず、核兵器をはじめとする大量破壊兵器の脅威により、平和は脅かされ続けています。その結果、平和への道そのものが見失われてしまうのではないかと、強い危惧を覚えます。特に、わが国自身が、敵を峻別して殲滅するという力の論理にはまり込みつつある近年の状況を見るにつけ、その危惧はさらに強くならざるを得ません。

 民主党は、過去の歴史と正面から向き合い、その教訓と反省を未来の平和へとつなげる取り組みを着実に前進させて参ります。ここに、国際社会とともに世界平和を創造していく決意を新たにし、その実現に全力を尽くすことを誓います。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.