トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2008/09/16
【次の内閣】マニフェストの編さんに向けて自由討論行う
記事を印刷する





 民主党『次の内閣』は16日、党本部で閣議を開き、マニフェストの編さんに向けた自由討論を行った。

 冒頭の挨拶で、菅直人ネクスト副総理大臣(代表代行)は、首相が2代続けて政権を投げ出しただけではなく、汚染米の不正転売や消された年金の問題などの大きな課題に、政府は何も対応していないと指摘。「しっかりした対応を今の政権ができないなら、ネクストキャビネットが代わって担当する、という覚悟で臨んでほしい」と、国会内外で党の活動を推し進めるよう求めた。

 鳩山由紀夫ネクスト国務大臣(幹事長)は、閉会中審査を行うべきとの見解を示し、政策作りに取り組んできたこれまでの成果が問われる時がきていると語った。直嶋正行ネクスト官房長官(政策調査会長)は、郵政事業の抜本的見直しについて国民新党と合意したことを報告。また、米リーマン・ブラザーズの破たん問題などに関する金融対策チームの設置をはかり、了承された。

 閣議では、マニフェスト討議として、各ネクスト大臣が出した検討事項について意見交換を行った。直嶋ネクスト官房長官はまた、最重点政策事項として、さらに絞り込んだ政策の提出を求めた。

 報告・協議事項では、長浜博行ネクスト国土交通大臣と法案担当の川内博史衆議院議員が「道路その他の社会資本の整備に係る国土交通行政の抜本的な改革の推進に関する法律案・骨子」について、筒井信隆ネクスト農林水産大臣が民主党肥飼料等高騰対策民主党農林水産政策大綱「農山漁村6次産業化ビジョン」について、岡崎トミ子ネクスト環境大臣が民主党環境政策大綱「民主党環境ビジョン」について、それぞれ中間報告を行い、閣議として方向性を了承した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.