トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2009/01/18
【定期党大会】2009年を歴史に記される年に 政権交代へ全党一丸で
記事を印刷する





 2009年度定期大会が18日午後都内で開かれ、政権交代、国民の支持に基づく新しい政権・国民政権樹立へ全党の意思統一を図った。大会は、今年中の民主党中心の政権樹立へ向け、熱気あふれるものになった。

 大会では、来賓として、福島みずほ社民党党首、綿貫民輔国民新党代表、田中康夫新党日本代表、大橋光夫経団連政治対策委員長、岡部謙治連合会長代行がそろって、政権交代、民主党への期待を述べた。

 小沢一郎代表は、挨拶で来賓への謝辞を述べ、「政治の役割は究極的に、国民の命と暮らしを守ること、その一点に尽きる」として、「国民の、国民による、国民のための政治」の実現、「人間のための経済」「住民のための社会」の実現を訴えた。また、そのために政権を獲得し、環境と安全・安心のニューディール政策を実行すると強い決意を表明した。

 次に鳩山由紀夫幹事長が、2009年度の活動方針等(下記ダウンロード参照)を提案、満場の拍手で確認された。鳩山幹事長はこのなかで、活動方針は3点に尽きるとして、(1)国会の論戦で麻生政権を追い込むこと、(2)総選挙で勝利し政権交代を実現させること、(3)政権を担い、政策の一つひとつを実現させることを挙げた。

 また、菅直人代表代行が緊急雇用対策本部長として、「緊急雇用対策アピール」(下記ダウンロード参照)を提案、満場一致で採択された。アピールは「自公政権にこの未曽有の経済危機を乗り切る力はない。今こそ政権交代を実現し、人間らしく働くことのできる、尊厳ある社会をつくろう」と訴えている。

 最後に、輿石東代表代行は「政権交代に向け、団結ガンバロー」と音頭をとり、大会を締めくくった。

 大会議長は、吉川沙織、平山幸司両参院議員が務めた。

ダウンロード
PDF 緊急雇用対策アピール(案)
PDF 2009年度活動方針案
記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.