トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2009/03/10
総選挙勝利こそ判断基準 小沢代表が会見で表明 
記事を印刷する





 小沢一郎代表は10日午後、党本部で定例記者会見を行い、自身の政治資金管理団体「陸山会」への西松建設関連の政治献金問題について、「同志の仲間のみなさんはもちろんだが、国民の皆さんにも大変ご迷惑を、ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げたい」と述べたうえ、総選挙に勝利して政権交代に全力をあげる考えを表明した。

 その中で、小沢代表は、「政治家としての生涯かけての大目標は、一つには官僚主導の政治・行政を国民主導の政治・行政に改めること。もう一つは、日本に真の議会制民主主義を早く定着させなければいけない。この2つを実現するためには政権を変える以外にはない」と強調、その大いなる目標を何としても実現したいと力説した。そのために「総選挙で国民の皆さんの支持を得て、勝利を得なければならない」と述べ、献金問題の捜査に関連した代表としての進退も含め、総選挙に勝てるか否かで判断する考えを示した。

 小沢代表はまた、献金問題の捜査について、「まだ収支報告書の事務処理の問題以外、何も明らかにされていない。その他のことも含めて全て明らかになれば、その時点で国民の皆さんにご判断をいただければいいのではないか。現時点では進退についてはまったく考えていない」と語った。

 それに関連して、今回の問題は収支報告書の文書処理の認識の違いによるもので、この種の問題はこれまで全て修正報告で済ませてきたと指摘。「即逮捕ということは今までになかったこと。私が収賄罪みたいな犯罪に手を染めているという事実があるとすれば、私はどのような扱い、どんな捜査を受けても仕方がないが、そんな事実はない」と強調した。

 小沢代表はさらに、「たぶん、西松建設の経営トップの方々とは面識がないと思う。犯罪的な行為に関連したことをしたことはない。会ったことがなければ、頼むことも頼まれることもない」と述べた。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.