トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2009/05/17
「挙党態勢で必ず政権交代」 鳩山代表が新執行部を発表
記事を印刷する



 鳩山由紀夫代表は17日夜、党本部で記者会見し、小沢一郎前代表を筆頭代表代行(選挙担当)、岡田克也前副代表を幹事長に起用、菅直人、輿石東(参議院議員会長)両代表代行を留任させる新体制を発表、「この5人が常に心を合わせて、政権交代を必ず実現することを誓い合った。国民の皆さまにご理解、ご支援をいただくようお願いしたい」と述べ、挙党態勢で政権交代を実現することに強い決意を表明した。

 小沢代表代行を選挙担当とした理由について、鳩山代表は「民主党がメール事件で厳しい状況にあった時から、衆議院千葉7区補選、参議院通常選挙、衆議院山口2区補選などで、まさに連戦連勝し、民主党を国政選挙に強い体質に導いてもらった。そのことは私も民主党も高く評価しており、小沢氏には今後も選挙を担ってもらいたい。そして、次の総選挙に必ず勝つ体質にしてもらいたい」と、その手腕に期待することを明らかにした。これに関連し、選挙関係を小沢代表代行の担当とすることについて、「あらかじめ岡田幹事長にも理解してもらった」と説明した。

 また、岡田幹事長については「16日の代表選挙で大変見事な戦いをした。代表選挙で岡田氏を熱烈に支持した議員も多い。特に、挙党一致の態勢を早急につくることが極めて大事だ。政権交代可能な民主党にするために、幹事長をお願いした」と述べた。

 鳩山代表以外の4氏の決意表明は次のとおり。

小沢筆頭代表代行「鳩山新代表の下に、政権交代に向けて一生懸命頑張っていきたい」
岡田幹事長「とにかく政権交代にしっかりと頑張りたい」
輿石代表代行「政権交代に向けて、参議院民主党をしっかりとまとめていく」
菅代表代行「鳩山新代表を中心に、この5人がしっかりしたチームをつくれば、民主党政権で国民の期待に必ず応えられる」

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.