トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2009/05/19
小沢代表代行、岡田幹事長らの役員人事を承認 両院議員総会で
記事を印刷する





 両院議員総会が19日午前党本部で開かれ、小沢一郎代表代行(選挙担当)、岡田克也幹事長などの役員人事が承認された。

 総会では冒頭、鳩山由紀夫代表が「目指すは、党内の結束を図り、総選挙に勝利して日本の大掃除をすること」として、役員人事を発表した。また、「絆のある世の中に変えていきたい。一人ひとりがその必要性を認められる社会、友愛社会に向けて頑張っていきたい」と決意の一端を表明した。

 鳩山代表は、幹事長に岡田前副代表を、代表代行に小沢前代表、輿石東(参院議員会長)、菅直人両代表代行には引き続き、その任にあたってもらう、また、他の人事についても「基本は居抜き」として、最高顧問、副代表以下をこれまで同様、その任にあたってもらうと提案。しかし、一部を変更するとして、奥村展三前総務委員長代理を広報委員長、野田佳彦前広報委員長を幹事長代理、平野博文前幹事長代理を総務委員長代理(役員室担当)に充てることを提案した。

 これらの提案はすべて満場の拍手で承認された。

 次に、岡田新幹事長が、「私の考える幹事長は代表を支えること。今回は小沢代表代行をはじめ重い代表代行が3人もいる。果たして私で支え切れるか、そこは野田幹事長代理にも支えてもらい、しっかりと頑張りたい。我々の目指すところは、政権交代。その一点で頑張るのでよろしくお願いする」と挨拶した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.