トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2009/05/25
北朝鮮による地下核実験強行を断固非難する(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長
岡田 克也

 本日、北朝鮮が地下核実験を再び強行し、さらにその後、短距離ミサイルを発射したとされる。事実であるとすれば、国連安保理決議に違反し、6者協議における各国の努力を無にしたばかりでなく、国際社会に深刻な脅威を作り出す許し難い暴挙であり、唯一の被爆国として、断じて容認できない。加えて、4月の弾道ミサイル発射に続く北朝鮮による一連の行動は、わが国の安全に対する重大な挑戦であり、強く抗議し、断固非難する。

 北朝鮮は、国際社会の平和と秩序を脅かす行動を直ちに止め、6者協議の枠組みに基づいて、これまで行ってきた行為を全面的に明らかにした上で、核の完全廃棄とミサイルの脅威の除去を実施しなければならない。

 政府は、事前に北朝鮮の行動を察知して自制を求めることができなかったのか、対応のあり方を検証するとともに、国際社会に働きかけ、国連安保理での適切な対応と追加的な制裁措置の実施など、必要かつ強力な外交努力を行うべきである。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2017 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.