トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2009/07/08
【次の内閣】国民の皆さんのために素晴らしいマニフェストを 鳩山代表
記事を印刷する





 民主党『次の内閣』は8日午後、党本部にて閣議を開催。冒頭、挨拶に立った鳩山由紀夫『次の内閣』ネクスト総理大臣(代表)は、静岡県知事選挙で民主党など推薦の川勝平太氏が初当選したことについて、「大変厳しい戦いだったが、ご本人の力はもちろんのこと、党を挙げての取り組みで勝利を収めることができた」と謝意を表明。県政、国政における「チェンジ」を求める多くの声を聞いたことを紹介し、「政権交代を必ず成し遂げなければならない。それが全てのスタートとの思いで頑張っていく」と改めて決意を語った。

 マニフェストに関しては「ほぼ出来上がりつつある」としたうえで、国民の生命、暮らしを救うことが重要だと強調。「そのために民主党は立ち上がる。国民の皆さんのために素晴らしいマニフェストを示す義務がある」と述べ、より一層の奮闘を呼びかけた。

 報告・協議事項では、「北朝鮮特定貨物の検査等に関する特別措置法案(貨物検査特措法案)」について鉢呂吉雄ネクスト外務大臣が説明。法案の概要、議論の方向性を確認し、審議状況を踏まえた最終的な対応を政調会長と担当大臣に一任することとした。

 「国立ハンセン病療養所における療養体制の充実に関する決議」については、藤村修ネクスト厚生労働大臣、法案担当の川内博史衆院議員が説明し、決議内容を了承した。

 また、「法曹人口のあり方と法曹養成制度の改善方策に関する検討プロジェクトチーム(PT)中間まとめ案」を細川律夫ネクスト法務大臣、松野信夫PT事務局長が報告。論点、問題点を確認し、法曹の質の確保を図るべく今後も慎重に検討を続けていくこととした。

 法案等の取扱いでは、超党派議員立法「国等が発注する建設工事の適正な施工を確保するための公共工事作業従事者の適正な作業報酬等の確保に関する法律案(公共工事報酬確保法案)」について長浜博行ネクスト国土交通大臣、法案担当の平野達男参院議員が説明、法案内容を了承した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.