トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2009/12/10
【長城計画訪中団】小沢幹事長、胡錦濤中国共産党総書記・国家主席と会談
記事を印刷する



 小沢一郎幹事長(交流協議機構長)は10日午後、北京市内で、胡錦濤中国共産党総書記・国家主席と会談した。

 「(日中)交流協議機構・長城計画訪中団」の輿石東名誉副団長(幹事長職務代行)、山岡賢次国対委員長ら訪中団幹部が同席した。一行は人民大会堂で胡主席の出迎えを受け、団全体での記念撮影を行った後、会談に臨んだ。

 胡主席は「現在のような素晴らしい時は、双方の努力、特に先人たちの心血を注いだ賜物であり、倍にして育てることによって大事にしていかなければならない」と、日中関係の重要性について語った。また、今年9月に民主党が政権与党になってからも双方が積極的に交流を重ね、両国関係が穏やかに過渡期を経てきたとの認識を示した。

 小沢幹事長は、党レベルで忌憚のない話し合いができればよいとして、党間交流を継続する重要性に言及した。また、「解放の戦いはまだ終わっていない」として、来年夏の参議院選挙で勝利し、参議院で過半数を取ることで、政権基盤を安定させる決意を改めて表明した。

 「今からすでに兵を募り、鍛え、勝利を目指している。政権は鳩山総理に任せ、いわば野戦軍の最高総司令官として、最終戦を終えるまでは、その役目に徹していきたい」と、自らの役割に対する見解を表した。率直な議論をする環境を整え、両国の関係をより深めることができると語った。

 胡主席は、中国共産党が交流協議機構の事業に積極的であることにも触れ、「こうした機構を、相互対話を通じて共通の発展をもたらすプラットフォームにしていきたい」と語った。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.