トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2010/03/17
参院選に向けマニフェスト企画委員会の人選を確定 政府・民主党首脳会議
記事を印刷する





 官邸で17日夕、政府・民主党首脳会議が開かれ、政府側から鳩山由紀夫総理大臣(代表)、菅直人副総理、平野博文官房長官、党側から小沢一郎幹事長、輿石東幹事長職務代行、山岡賢次国会対策委員長が出席して意見交換した。また、オブザーバーとして政府側から松野頼久、松井孝治両官房副長官が、党側から高嶋良充筆頭副幹事長、三井辨雄国対委員長代理が同席した。

 会議後、平野官房長官は記者団に対し、今後(会議を)必ず週に1回定例で開催すること、また、参議院選挙に向けてマニフェストの検証チームが動いていくにあたり、それぞれの役割等について政府側、党側の人選を確定したと報告。マニフェスト企画委員会の政府側の代表は仙谷由人国家戦略担当大臣に、党側は高嶋良充幹事長筆頭副幹事長となったと紹介、今週末からマニフェストの企画委員会を開催するとともに、その上部機関として議長を鳩山総理とする政権公約会議の発足を確認したとした。会議の定例化については、鳩山政権発足から6カ月が経過、政府・与党がより一体的に取り組んでいくため、そのための心あわせだとその趣旨を述べた。

 

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.