トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/01/12
【今日の官邸】菅総理(代表)記者ぶらさがり、仙谷官房長官会見、古川官房副長官会見
記事を印刷する





菅直人総理(代表)記者ぶらさがり
 菅直人総理(代表)は12日夜、首相官邸で記者から、通常国会召集は24日で、組閣は14日の日程で決定かを問われ、「今、いろいろ時間的な調整を行っている」とコメントした。

 また、同日行われた両院議員総会については「真剣な議論をいただいた」としたうえで、「代表としてもしっかり受け止めたい」と語った。

 さらに、全国で広がっているタイガーマスク運動については、「本当に心温まる活動だと思ってみている。共助の精神を大切にしたいと改めて思った」と述べた。

仙谷由人官房長官会見
 仙谷由人官房長官は12日午後、首相官邸で会見し、両院議員総会での菅直人総理(代表)の感想を問われ、「これから国を開く、つまり第3の開国に向かって、国内諸課題を解決する方策、政治的枠組みにつけて前を向いて、積極的に打って出ると、大変力のこもった、いいメッセージだったと思う」と語った。

古川元久副長官
B型肝炎訴訟で、和解案に前向きな対応を検討することを表明
 古川元久官房副長官は12日午前首相官邸で会見を行い、B型肝炎訴訟で札幌地裁が和解案を示したことに対して、今後の対応について同日に関係閣僚の会合が行われたことへの質問に、「昨日札幌地裁から和解案の提示があったので、関係大臣間で情報共有と意見交換を行った」と説明し、今後の対応については、今回の司法の判断を重く受け止めて真摯に検討し、できるだけ早急に対応していく考えを明らかにした。

 

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.