トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/01/18
岡田幹事長、各党へ挨拶まわり 今後の国会運営のあり方に関する提案も
記事を印刷する



 岡田克也幹事長は18日午後、国民新党を皮切りに各党の国会内控室を訪ね、挨拶まわりを行った。安住淳新国会対策委員長、藤村修新幹事長代理も同行した。

 最初に訪ねた国民新党の控室では下地幹郎国民新党幹事長と新党日本の田中康夫代表に、「こんな顔ぶれになりました」と挨拶したうえで、さらなる連携強化を呼びかけた。幹事長はまた、「ひとつ問題提起させていただきたい」として「今後の国会運営のあり方に関する提案〜政策を実現し国民の期待に応える『熟慮の国会』のために〜」(下記ダウンロード参照)と題した提案書を手渡し、各党各会派での議論を呼びかけていきたいと語った。

 各党への挨拶まわりを終えた幹事長は記者団に対し、「しっかりとした審議を行っていこうということは各党おっしゃっていただいた。中身が大事なので、国民の皆さんから見て納得できる、いい議論をぜひ実現していきたいと思う」との考えを表明した。

 また、各党に手渡した「今後の国会運営のあり方に関する提案」に関しては、「否定的という党はなかった」としたうえで、「どこで議論するかはまだ決めていないが、国会の中なのか、各党で議論するかはこれからだが、内容的にはこういう問題があるということは多くの党が認識を示してもらったと思う」とした。

 「与党も野党もお互いに立場を異にすることもあるので、国会をよりよく機能させるために、こういう問題について真剣に議論すべきだということを申し上げた」と岡田幹事長は重ねて語った。

ダウンロード
PDF 今後の国会運営のあり方に関する提案〜政策を実現し国民の期待に応える『熟慮の国会』のために〜
記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.