トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/01/24
第177通常国会の開会を前に、両院議員総会開く
記事を印刷する





 第177通常国会の開会を前に、24日午前、国会近くの憲政記念館講堂で両院議員総会が開かれ、まず総会長に直嶋正行参議院議員が選出され、新総会長の司会進行で菅直人代表(総理)が挨拶に立った。

 菅代表(総理)は「いよいよ今日、第177国会が召集される」としたうえで、民主党政権のこの1年半の歩みは大きな流れとして間違っていなかったとの認識を示し、「これをどれだけ自信をもって、国会で、地域で国民の皆さんに伝えきることができるか」、その伝えるべき大きな場としての国会のスタートだとした。

 菅代表(総理)はまた、今国会においては来年度予算案が議論の中心になると述べ、予算は全議員がいろいろな立場で参加してつくりあげたものであると指摘。3歳児までの子ども手当て2万円の支給、農業者戸別所得補償、高校の無償化等の実現をはかっていくと表明。あわせて「画期的ともいえる一括交付金は5100億円を超える大きな規模となった、待機自動ゼロのための200億円、科学技術には400億円、ひとつずつ言えばきりがない」と予算規模を語った。同時に、民主党政権として一からつくりあげた初の予算でもある同予算案は、厳しい財政状況のなかだが、「国民の生活にもっとも必要な予算だと自信をもって国会の論戦を通し、あるいは地域で国民の皆さんに訴えていくことが必要だと思っている」と述べた。

 そのうえで菅代表(総理)は「大きな政治課題」として、「20年にわたって先送りされてきた社会保障と、それを維持可能な形で充実させていくための財源の議論」、「貿易の自由化・経済連携を進め、同時に何としても再生させなければならない農業の改革」の二つを取り上げ、「この大きな課題についても国会で自信を持って議論していこうではないか」と呼びかけた。

 また、統一地方選挙の勝利に向けても、民主党政権の取組みを自信をもって地域で訴えていくことが重要だとの考えを示すとともに、「党が一丸となって進んでいくことをお願いする」として挨拶を締めくくった。

 続いて岡田克也幹事長が党役員人事(下記ダウンロード参照)と国会運営について報告。「われわれの総理である菅総理を中心に、しっかりとみんなで支えて、国民に対して責任を果たしていく、そういう国会でありたいと思っている」と述べ、幹事長の役目を果たすべく尽力していくと表明した。

 同時に、「年度内に予算案を成立させることが、国民生活にとってを最も重要である」との認識を示すとともに、関連法案の成立に向け、予算委員会を中心に各員会において「しっかりといい議論をし、きびしい野党との交渉もこなしていただいて、何とかして年度内に予算と関連法案を成立させるよう、お互いに努力していきたい」と語った。

 また、「今後の国会運営のあり方に関する提案」(下記ダウンロード参照)を示し、各党にも提示済みであることを報告したうえで、「充実した国会審議と国益の両立」「両院協議会のあり方の見直し」「参議院の問責決議の位置づけ」といった問題について、「与野党間で真摯に議論していきたい」と述べ、政策を実現し国民の期待に応える「熟議の国会」実現のために議論の重要性を指摘した。

 さらに、愛知県知事選挙、名古屋市長選挙について「統一地方選の前哨戦ともなるもの」であるとして、各議員に応援に力を注いでほしいと要請した。

 報告を受けて1時間弱の質疑が行われ、最後に輿石東参議院会長が挨拶に立ち、「この通常国会、安住国対委員長が言われるように、101件の案件を衆参連携をして通さなければならない。その言葉に尽きる。(衆参合わせて)413名がどう結束できるかののカギはここにあることを確認しながら、両院議員総会を終わりたい」として閉会した。

ダウンロード
PDF 民主党役員一覧
PDF 今後の国会運営のあり方に関する提案
記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.