トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/01/26
【今日の官邸】菅総理(代表)記者ぶら下がり
記事を印刷する



菅直人総理(代表)記者ぶらさがり
鳥インフルエンザの感染拡大防止に自治体と連携して全力で努めると表明

 菅直人総理(代表)は26日夕、首相官邸で記者団からの質問に答え、同日行われた衆院本会議での代表質問について、「できるだけ丁寧に質疑に応答したつもりで、議論が深まればいいと思う」と述べ、熟議の国会を自らが率先して目指す姿勢を表した。

 税と社会保障の一体改革の与野党協議に関して、「年金や医療などの社会保障の課題は国民の生活そのものなので、野党とも話し合うことが必要ではないか」と答えた。

 愛知県豊橋市で鳥インフルエンザに感染した疑いがある鳥が見つかるなど感染拡大の様相を呈するなか、今後新たな対応や防疫対策の見直しは検討しているかとの問いには、「宮崎、鹿児島に次いで愛知県で感染の疑いがあるということで、しっかり調査を行い、確認している。この間宮崎から感染の報告があった直後に対策本部を開いて全力を挙げて進めている」と説明。今後政府として自治体と連携して感染拡大防止に全力で努めていく考えを示した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.