トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/01/30
市民、県民のための行政の実現を 岡田幹事長が名古屋で訴え
記事を印刷する





 岡田克也幹事長は30日午後、愛知県名古屋市内で街頭演説を行い、市民、県民の暮らしのための政策実現に向け実行力のある人物が必要だと訴えた。

 岡田幹事長は「愛知県知事選挙、名古屋市長選挙を全国の皆さんが注目している」と切り出し、ものづくりの拠点として、自動車、航空機をはじめ日本を支え、引っ張ってきた名古屋、愛知のリーダーをどういう基準で選ぶのか、単なるパフォーマンスなのか市民、県民の暮らしを良くするためのものなのかが問われているのだと述べた。

 「お金があるのなら減税もいいが」と前置きしたうえで、限られた予算をどう有効に使うかが問題であり、皆さんからの税金を福祉、教育に重点を置いた政策の実行が今求められているのではないかと説いた。

 加えて、議員も市長も市民に選ばれたのだから議会に問題があるのなら一緒に話し合っていくのが民主主義だと指摘。いたずらに対立をあおり、その度に選挙を行うのならいつまでたっても同じことの繰り返しだとして、市民、県民のために本気になって責任を持ち、行政を担う人物が必要だと主張した。

 なお、演説会は斉藤嘉隆参院議員が司会を務め、県連代表の牧義夫衆院議員、環境副大臣の近藤昭一衆院議員をはじめとする多くの国会議員、地元自治体議員が参加。牧、近藤両議員はそれぞれ「愛知の元気を、良識を取り戻そう」「一緒に日本一の愛知をつくっていこう」と呼びかけた。

 

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.