トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/02/23
ニュージーランド地震救援党対策室第1回会合を開催
記事を印刷する



 ニュージーランドで22日発生した地震被害への緊急支援等を検討・実施するため、民主党は23日、「ニュージーランド地震救援対策室」を設置し、第1回会合を国会内で開催した。

 対策室室長に選任された津村啓介総括副幹事長は会合で「政府でも菅総理が昨日から対応を始めており、本日さっそく70名を派遣した。特に生存率を考えると最初の72時間の初動が非常に重要だ。政府専用機の使い方やODA予算等の活用を含めてどういうことが政府としてできるのか、危機管理が問われているので、私どもとしても知恵を絞っていきたい」と参加者に呼びかけた。

 会合では外務省、総務省、防衛省、国土交通省・海上保安庁などから現地の被害状況、邦人被害の有無、政府による国際緊急援助隊救助チーム派遣などの対応の実施状況等の説明を受けた上で、今後必要な取り組み等について意見交換を行った。

【対策室の主な構成】

 室長 津村啓介  総括副幹事長
 室長代理 西村智奈美 国際局長
 副室長 吉良州司  外務部門会議座長
       広野ただし 富山県連顧問
 事務局長 村井宗明  富山県連代表
 事務局次長 高橋昭一

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.