トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/03/03
菅総理ぶらさがり
記事を印刷する



 菅直人総理大臣(党代表)は3日夜、総理官邸で、NZ地震被害に対する日本政府としての今後の支援体制を問われ、「(被害に遭われた)ご家族の気持ちを大事にしながら、最後までやれることをやっていく、そういう姿勢で臨む」と答えた。

 党の公務員制度改革プロジェクトチームで公務員制度改革法案と関連法案の概要が了承されたことへの意気込みについては、「時代の変化にきちっと対応できる公務員制度に変えていかなくてはならない。改革していかなくてはならないと考えている。総人件費の2割削減は、全力を挙げて実現を目指す」と述べた。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.