トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/03/15
岡田幹事長、連合から地震緊急対策要請受ける
記事を印刷する



 岡田克也幹事長は15日午前、国会内で古賀連合会長と面談し、「東北地方太平洋沖地震への緊急対策についての要請」を受けた。

 古賀連合会長は面談で「われわれも役割を果たしていきたいと思っているが、いかんせん政府・与党のリーダーシップが極めて重要」としたうえで政府・与党の連携による対策強化を求め、要請書を手渡した。

 これに対して岡田幹事長は「大変な事態のなかで、政府・与党あげて対応に当たっている。連合の皆さんにも組織力を生かして力を貸してほしい」と求めた。

 面談後に連合会長が記者団に語ったところによると、要請で連合会長は、緊急に対応すべき事項として、被災者・避難者の生活確保、政府予算の速やかな執行、当面の緊急雇用・労働対策、災害弱者の安全確保と防犯体制、ボランティア受け入れ態勢の整備等を求めた。

 連合会長はまた、「与野党が一致協力して国難といわれる状況を乗り越えなければならない」ということを特に強調し、幹事長は要請項目を受け止め、与党としても全力を挙げて行きたいと応じた。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.