トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/03/19
滋賀県第2区総支部「がんばろうNIPPON」募金活動(第2回)実施
記事を印刷する





 民主党滋賀県第2区総支部は、東日本を襲った地震を受けて、13日に続いて19日、田島一成総支部長を先頭に、党所属の県市町議会議員や党員らとともに、被災地の皆さまへの第2回目の災害義援金募金活動を長浜・米原・彦根で実施した。
 
 長浜(北船町平和堂長浜店前)では田中章五県議と大橋みちのぶ予定候補者が、米原(顔戸 フタバヤ前)では西川としてる県議が、また彦根(本町キャッスルロード界隈)では中沢けいこ、えばた弥八郎の両県議のほか、矢吹安子、小川喜三郎の両彦根市議、西川誠一甲良町議予定候補がかけつけ、募金への協力を呼びかけた。3か所での募金総額は 219345円となった。

 募金活動参加者の一人は、「地震発生から1週間が経過し、次第に震災被害の全容が明らかとなり、その惨状は目を覆うばかりだ。原発事故の問題ともあいまって、国民の関心・善意の心はなおいっそう強く、被災者・避難者のために『自分にできることをしたい』との思いが、募金活動を通じて伝わってきた。滋賀県第2区総支部では、今後も随時募金活動を実施していく予定だ」と言う。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.