トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/04/05
東日本大震災復旧・復興検討委員会を開く
記事を印刷する



 「東日本大震災復旧・復興検討委員会」が5日午後、国会内で開かれ、委員長の岡田克也幹事長、副委員長の仙谷由人代表代行、輿石東参院議員会長、玄葉光一郎政策調査会長、直嶋正行副代表、幹事の安住淳国会対策委員長、平田健二参院幹事長、藤村修幹事長代理、城島光力政調会長代理、事務局長の山口壯政調筆頭副会長、事務局長代理の齊藤勁国対委員長代理、近藤洋介総括副幹事長が出席し、1時間以上にわたって協議した。

 会議後に山口政調筆頭副会長が「現時点で明らかにできること」として説明したところによれば、会議では特別立法、歳出見直し、復興ビジョン、補正予算の四つの検討チームのうち、歳出見直し、復興ビジョン、補正予算の検討チームから構成人員について報告があり了承した。また、今後の段取り等について報告があった。補正予算検討チームの進め方については、党と政府で十分すり合わせを行うことを確認した。復興ビジョン検討チームは同日17時半にチームを立ちあげ、受け入れ側が可能であれば今週中に岩手県等を訪れ、達増拓也県知事らから状況を聴取することからスタートしたいとの意向を示した。

 また、岡田幹事長は各検討チームの進め方に関して、政府とよく連携して政調会長を中心に取り組むよう指示するとともに、各党との調整についてもタイミングを見てきちんと連携を図るよう求めた。玄葉政調会長は党内では部門会議を活用してコンセンサスづくりに努める考えを表明した。

 検討チーム座長は以下の通り。復興ビジョン検討チーム・直嶋副代表、歳出見直し検討チーム・城島政調会長代理、補正予算検討チーム・一川政調会長代理、特別立法検討チーム・中川国対副委員長。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.