トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/04/06
菅総理、古賀連合会長から申し入れを受ける
記事を印刷する



 菅直人内閣総理大臣は6日午後、総理官邸で古賀伸明・連合会長と面談、「東日本大震災への救済・復旧対策についての要請」を受けた。

 古賀会長は、3月15日の緊急対策要請に加え、現下の状況を踏まえ連合として新たに要望をとりまとめたとして、政府に早期の実現を求めた。

 これに対し菅総理は、「国民の皆さんにもご心配をおかけし申し訳ない」と述べたうえで、今月中に第1次補正予算を組むと表明。政府の取り組みについては、大きな意味で一歩一歩進んでいるとした。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.