トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/04/08
岡田幹事長、岩手県庁で達増県知事と意見交換
記事を印刷する





 岡田克也幹事長は8日、岩手県庁を訪れ達増拓也・岩手県知事と懇談し、意見交換を行った。

 達増知事は冒頭の挨拶で、発災から1カ月が経過するなかで新しい課題、ニーズが生じており、それに対応しながら復旧・復興への道筋を示す必要があると指摘。同時に、被災地の市町村では職員も被害を受けたり、庁舎が使えなくなるなど大きなダメージを受けているとして、行政機能を強化・支援していくことが大きな課題との認識を示した。

 政府に対しては、「国家プロジェクトとして被災者支援と復旧・復興に取り組んでいく必要がある。そのビジョンを示し、実行に移してほしい」と求めた。

 これを受け岡田幹事長は、政府の取り組みと並行して、与野党間でも幹事長や実務者レベルで協議し、政府に対し提言を行っていると説明。今回の視察に際し、「この目で岩手の現状をしっかり目に焼き付けていきたい」と述べるととともに、第1次補正予算の編成に向け来週中には党内議論をまとめていく考えを示した。補正予算は4兆円規模、公共事業費約1.5兆円を想定しているとも言及、仮設住宅の設置や瓦礫の除去をはじめ、「被災地の期待に応え、被災者の皆さんが希望を見いだせるものをつくりだしたい」との思いを語った。

 県側から震災の被害・避難・復旧状況を聞いた岡田幹事長は、避難所の状況、行政機能強化に向けた他都道府県からの支援態勢、ボランティアスタッフのマッチング状況など現場の実態把握に努め、「政府にしっかり声を届ける」と表明した。

 達増知事は、岩手の地酒「南部美人」の酒蔵経営者の「自粛をせずに花見をやり、東北のお酒をどんどん飲んでほしい」との言葉に触れながら、「被災地を支える日本全体の経済が低迷することは被災者支援や被災地の復旧・復興を滞らせる。ヒト・モノ・カネを東北に送り込んで日本全体を活性化させてほしい」と述べ懇談をしめくくった。

 懇談には長妻昭筆頭副幹事長、畑浩治(岩手2区)、菊池長右エ門(比例東北ブロック選出)衆院議員、主濱了(岩手選出)参院議員や地元自治体議員が同席した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.