トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/04/10
統一地方自治体選挙前半戦を終えて(談話)
記事を印刷する

民主党幹事長 岡田克也

 本日、知事・政令市長選挙、道府県議・政令市議選挙及び東京都議補欠選挙の投票が行われました。
 投開票の結果、民主党が公認、推薦し、また応援した多くの候補者が当選を果たすことができました。ご支援頂いた全国の有権者の皆様、支持者の皆様、そして震災の被災者支援、復旧・復興にご協力を頂きつつ、投票所に足を運んでいただいた皆様に心から御礼を申し上げます。

 札幌市長選挙では民主党が推薦した上田候補が勝利しましたが、三重県と北海道知事選挙では残念ながら民主党の推薦候補は敗北を喫しました。北海道では残念ながら敗北を喫しましたが、知名度で絶対的に優位に立つ現職知事を相手に、北海道の自立と財政再建の訴えに一定のご理解をいただくことができました。三重県では、擁立が遅れ、十分に候補者の主張を浸透しきれず惜敗の結果となりましたが、地域の自立と分権改革を訴えた候補者の奮闘に多くのご支持をいただくことができました。あらためて各候補とご支援頂いた皆様に心より感謝申し上げます。

 民主党は、地方議会において地域主権改革を推進することを有権者に訴えて選挙戦を戦いました。道府県議・政令市議選挙の結果は全て判明していませんが、擁立候補の当選は前回を下回る見込みとなりました。この結果を厳しく総括しながら、地方自治の現場を地域主権の観点からさらに改革していくべく、なお一層の取り組みを強化していきます。

 民主党は、選挙結果を真摯に受けとめつつ、この国難に全力で立ち向かい、国民の皆さんとともに震災からの復旧・復興を早期に、着実に実現し、安心で、安全な、個性豊かな地方の再生をめざして、政権与党としての主導的な役割を発揮していく決意です。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.