トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/04/12
岡田幹事長、いわきの農産物を試食 風評被害払しょくのため応援呼びかける
記事を印刷する




いわき産農産物をアピール



トマトを試食(左)販売所でいわき市出身の東洋大陸上部の柏原竜二選手と(右)
 岡田克也幹事長は12日午後、JR新橋駅前SL広場でいわき市役所農業振興課が港区とニュー新橋ビル商店連合会の協力を受けて開催した「『がんばっぺ!いわき』オール日本キャラバン」での即売会場を訪れた。いわきで収穫された農産物を試食・購入しながら幹事長は、福島第1原発事故によって同県農産物に対し一時出荷・摂取の自粛要請が出されたことに伴う風評被害を払しょくするため、いわきの皆さんへエールを送った。

 岡田幹事長は会場に到着すると集まった方々に対して、「本当に国民みんなが(いわきの皆さんを)応援しているので頑張って欲しい」とエールを送り、同市で収穫されたトマトを試食し、「みずみずしくてとてもおいしい」と語った。さらに即売会場でトマトや長ネギを購入し、市場に流通する同市の農産物の安全性をアピールするとともに、集まった方々に対して、「ぜひ皆さんもお買い求めください」と販売に一役買った。

 会場を見回った岡田幹事長は記者団に対して、「先日いわき市長を訪ねた時に今回のようなイベントを考えていると言われていたので、さっそく開催されると聞き、駆けつけた」と述べた。いわきだけではなく福島、北関東全体の農産物が風評被害で売れなくなったり、買い控えになっている点を憂慮し、「市場に出ているものは基準を満たしているので安全安心なもの。どんどん買っていただきたいと思う。そのことが被災地を元気にすることにつながる」と語り、国民みんなで応援してほしいと呼びかけた。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.