トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/06/09
概算要求への取り組みがスタート
政権与党として各地域の要望を政府につなぐ
記事を印刷する




第1会場で説明する陳情要請対応本部役員ら(左から山根隆治・党企業団体対策委員長、長妻昭・本部長代行、横光克彦・本部長代理=党組織委員長)



第2会場で説明する陳情要請対応本部役員ら(中央左は糸川正晃・事務局長、中央右は津村啓介・筆頭副本部長)
 民主党陳情要請対応本部(岡田克也本部長)は9日、来年度予算概算要求に向けた党としての取り組み方針を地方組織と共有するため、党都道府県連代表を務める国会議員を集めて説明会を開いた。

 長妻昭・陳情要請対応本部長代行は「役所は8月末に概算要求を決定するので、その前に自治体、関係団体から概算要求への要望事項を都道府県連としてしっかりヒアリングして把握し、その内容を今月中にとりまとめて本部に届けてほしい」と各都道府県連代表に要請した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2017 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.