トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/06/15
特例公債法案の成立に向けて3党合意を各党の政調会長間で協議することを確認
民主、自民、公明3党幹事長、国対委員長会談を開催
記事を印刷する



 岡田克也幹事長は15日昼、国会内で安住淳国対委員長とともに自民・公明両党の幹事長、国対委員長らと3党幹事長・国対委員長会談を行った。

 会談後、岡田幹事長は会談の内容について、昨日菅直人総理が平成23年度第2次補正予算案の編成を野田佳彦財務大臣に指示したことを受け、その予算執行の前提となる特例公債法案の成立に向けて、第1次補正予算に関する3党合意にのっとって政調会長間で子ども手当の制度的なあり方、高速道路料金割引制度や第1次補正予算の財源措置として活用した年金臨時財源の見直しを含めた検討、税制改正法案の扱いなどを協議し、改めて整理していくことが確認されたと説明した。

関連URL
  民主党・自民党・公明党の政調会長が第1次補正予算等で合意(4月29日)
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=20103
記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2017 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.