トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/06/20
平成23年度第3次補正予算に全力を注ぐため、会期の大幅延長を提案
与野党幹事長、国対委員長会談を開催
記事を印刷する



 岡田克也幹事長は20日夜、国会内で安住淳国対委員長とともに与野党幹事長・国対委員長会談に臨み、22日に会期末を迎える通常国会の会期延長幅について協議した。

 会談後、岡田幹事長は記者団に対して、平成23年度第3次補正予算を視野に10月半ばまでの長期の会期延長を各党に提案したことを報告。また菅直人総理(党代表)が特例公債法案と平成23年度第2次補正予算、さらに自然エネルギーの固定価格買い取り制度の法案の成立に強い思いがあることを各党に説明したと述べた。

 会談では延長幅に関して、国会会期を延長して3次補正に全力で取り組むという声が多い反面、具体的な延長幅についての意見、長期の延長になると一度閉会しても良いのではとの意見も出された。各党は同日の協議内容を持ち帰り、21日の午前中に再度、与野党幹事長・国対委員長で会談し、具体的な会期延長幅について協議を行うこととなった。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2017 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.