トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2004/01/29
【常任幹事会】古賀議員問題、離党届は受理せず除籍処分に
記事を印刷する

 民主党の臨時常任幹事会が29日午前、党本部で開かれ、古賀潤一郎衆議院議員の学歴問題を協議した。
 
 はじめに菅直人代表が「古賀問題でご心配をかけているが、大事な局面なのでしっかりとした、かつ敏速な対応が必要であり、民主党としてどういう態度をとるべきか議論していただき、ある方向が出れば一致してその方向で対処して欲しい」とあいさつ。
 
 岡田克也幹事長から古賀議員の学歴問題について経緯が報告され、「古賀議員から提出されている離党届は受理せず、党倫理規約に基づき除籍処分とする」との幹事長案が提案され、議論の結果、最終的に全会一致で了承された。

関連URL
  (→ 古賀潤一郎議員に対する党倫理規則の適用について )
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=857
記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.