トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/05/10
イラクでの日本人拘束事件について(談話)
記事を印刷する

民主党『次の内閣』ネクスト外務大臣
(イラク邦人拘束事件対策本部長)
鳩山 由紀夫


本日未明、イラクで齋藤昭彦さんが拘束される事件が起きた。齋藤さんは重傷とも伝えられていることにかんがみ、齋藤さんの即時解放を「アンサールスンナ軍軍事部門」を名乗る犯人グループに対して強く求める。

 政府は、イラク政府や米軍等関係機関への要請を含め、齋藤さんの一刻も早い解放・救出に全力を傾注すべきである。民主党は、わが国民の生命が危険に晒されているかかる事態に際して、人命尊重の見地に立ち、情報提供を含め、与野党を越えて政府に協力する用意があることを改めて表明する。

 政府は、齋藤さんのイラク入国の経緯、「ハート・セキュリティー社」との雇用契約関係や、イラクにおける民間警備会社の活動及び米軍、イラク国軍と彼らの関係についての実態把握等に努めるべきである。また、イラクに残る他の邦人に対し、無条件の退避を促す一方、なおイラクに留まる邦人に対して、より能動的な安全確保に努めることを要請するものである。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.