トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2004/02/04
【次の内閣】民主党予算案について基本方向を了承
記事を印刷する

 民主党『次の内閣』(ネクストキャビネット)は4日、閣議を行い、平成16年度民主党予算案について、最終段階の議論を行った。

 閣議では、数字の精査をしつつある最終段階の案が五十嵐文彦ネクスト経済財政・金融担当大臣と平岡秀夫ネクスト財務総括副大臣から説明され、各大臣間で活発な意見交換が行われた。その結果、概ねの方向性を了承し、閣議で出された意見についてはさらに表現等の精査を行い、取りまとめを枝野幸男政調会長に一任することが決定された。

 閣議後の会見で枝野政調会長は、昨年出したマニフェストの中の予算に関わる部分は全て予算案に盛り込んだことを明らかにしつつ、今回の予算案の基本的考え方として、財政健全化に少しでも向かう姿勢をしっかり示し、少しでも国債発行額を縮減したいと表明。さらに、セーフティネットの強化、雇用の創出、地方への財源の移譲が大きな柱であると強調した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.