トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2004/05/10
【両院議員懇】菅代表辞意表明 3党合意賛否は執行部一任
記事を印刷する



 民主党の両院議員懇談会が10日夕、党本部で開かれ、冒頭菅直人代表が「年金未加入問題において、ご迷惑をかけた。責任をとって代表を辞任することを皆さんにお伝えする」と辞意を表明した。

 その後、岡田克也幹事長、野田佳彦国対委員長、枝野幸男政調会長、藁科満治参議院議員会長が、それぞれ経過を報告した。4時間近い質疑の後、伊藤忠治両院議員総会長が「懇談会の皆さんの意見を、空気を正しく受け止めて、執行部は指導にあたること。対応は一任。全員が一致して執行部の指導に従う」との議長集約を行い了承された。

 菅代表の後任人事については、岡田幹事長が「今週中に決めなければならない」とした。11日に常任幹事会と中央代表選挙管理委員会が開かれ、代表選出の日程などが決められる。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2020 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.