トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2002/12/24
山村・熊谷・佐藤(敬)・金子・山谷議員を党除籍
記事を印刷する



 民主党は24日の常任幹事会で、連立与党に加わることを表明して同日朝に離党届を提出した熊谷弘、佐藤敬夫、金子善次郎、山谷えり子の4議員について、「党議に背く行為」「政治倫理に反する行為」があったとして除籍処分とすると同時に公職辞任勧告の措置を講じることを、また党運営を批判し13日に離党表明の記者会見を行った山村健議員についても「政治倫理に反する行為」「党議に背く行為」があったとして除籍処分とすることを全会一致で決定した。

 この決定に先立ち、常任幹事会から処分の適否についての諮問を受けた党倫理委員会(日野市朗委員長)は、山村議員から18日に直接弁明を聞くとともに、熊谷議員ら4議員についても24日午後に2度にわたって出席を要請したが、4議員はこれに応じなかった。同委員会は、5議員が執行部による再三の説得・慰留にも応じなかったことなども勘案し、常任幹事会の諮問通りの処分を妥当とする答申を行った。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.