トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/11/21
日露首脳会談について(談話)
記事を印刷する

民主党『次の内閣』ネクスト外務大臣
浅尾 慶一郎


 ロシアのプーチン大統領が来日し、小泉総理とは別に、民主党の前原代表、鳩山幹事長(日露協会会長)、ネクスト外務担当との会談が実現した。日露間の首脳間で、率直な意見交換が行われたことを歓迎したい。

 しかしながら、期待されていた共同声明も見送られ、焦点の北方領土問題では、ロシア側は、1956年の日ソ共同宣言の二島返還論を主張し、後退した印象を残したことは、極めて残念である。

 エネルギー開発など、両国の発展に資する経済協力が望まれているときだけに、ロシア政府が、米ソ冷戦終結後の93年、当時の細川総理とエリツィン大統領が北方四島の帰属問題を明確にした「東京宣言」に立ち戻ることを強く期待する。

 日本政府は、ロシア政府に対し、国後・拓捉を含む四島の一括返還を粘り強く働きかけ、領土問題を解決して、経済・安全保障問題・エネルギー問題などでの幅広い協力を着実に実践に移し、平和条約につなげていくべきである。


以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.