トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2004/09/30
【次の内閣】規制改革の進め方等について了承
記事を印刷する

 民主党の『次の内閣』(ネクストキャビネット)は30日、党本部で閣議を行った。

 冒頭、岡田克也ネクスト総理大臣より「いよいよ国会開会が近づいてきた。ぜひネクストキャビネットで真剣な議論をやっていきたい。昨日の台風で、各地域で被害が出ている。これらについても党としてしっかりと対応したい」との発言があった。

 報告・協議事項では、民主党規制改革調査会の位置づけと規制改革の進め方について、直嶋正行ネクスト規制改革担当大臣と原口一博前ネクスト大臣より提案があり、了承された。また、小宮山洋子ネクスト子ども政策担当大臣より、栃木県小山市・児童虐待死事件について、10月5日に調査団を派遣するとの報告があった。

 また、当面する焦点課題について、第2次岡田『次の内閣』として最初の討議が行われた。年金改革については横路孝弘ネクスト厚生労働大臣より、三位一体改革と郵政事業改革については五十嵐文彦ネクスト総務大臣より、それぞれの問題認識が示され、活発な議論となった。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.