トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2003/09/24
【常任幹事会】自由党との選挙区調整を完了
記事を印刷する

民主党は24日午前、第265回常任幹事会を開き、自由党との間での衆議院候補者調整が前日決着した茨城6区、神奈川7区、埼玉15区、京都4区を含め、新たに公認2人、推薦5人の予定候補者を決定した。これまでに、公認204人、推薦45人が決まり、地方組織レベルでの支持・協力を含めると合計256選挙区で調整がついた。

■衆議院公認・推薦予定候補者
【公認】神奈川7区・首藤 信彦(58)現1、京都4区・北神 圭朗(36)新=元首相官邸・総理秘書官補
【推薦】茨城6区・二見 伸明(68)元8、埼玉15区・高山 智司(33)新=代議士秘書、神奈川18区・樋高 剛(37)現1、大阪6区・村上 史好(51)新=元大阪市議<以上4人は自由党公認=合併後に公認に切り替え>、北海道11区・山内 惠子(63)現1<社民党公認>

 自由党との合併協議書調印式は24日午後4時30分から菅代表と小沢党首が行い、26日朝に正式に合併を届け出ることを確認した。これに先立ち、両党合同の両院議員総会を25日午後4時から民主党本部ホールで開催する。

 また、昨年2月に離党した鹿野道彦・元副代表が合併と同時に復党することを了承した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.