トップ > ニュース
ニュース
ニュース
1998/04/09
新体制に向け幹事会、政調、国対それぞれ始動
記事を印刷する

 4党統一後の民主党の新体制に向け、8日、菅直人代表、羽田孜幹事長体制による第1回常任幹事会準備会が開かれ、9日の第2回会合では13日に会派変更届けを出すことを確認した。13日朝9時から第3回会合を開く(文中の役職名はすべて予定)。
 9日の政策責任者会議には政調会長に就任予定の伊藤英成議員が出席し、各法案対応を決めた。

 9日には石井一国対委員長体制の第1回国対・筆頭理事合同会議が開催され、国対役員会の構成について以下のように決めた。

委員長=石井一、委員長代理=岩田順介、筆頭副委員長=北橋健治、副委員長=伊藤忠治、小坂憲次、北村哲男、肥田美代子、前原誠司、今田保典(以上、衆院議員)、平田健二参院議員。

 国会対策委員会は国対役員と衆議院1回生議員全員で構成するとしている。

また、参院国対は8日の民友連議員総会で国対委員長を前川忠夫議員から角田義一議員に交代することを決めた。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.